ケルティックフィドルレッスン

 フィドルとは、ヴァイオリンのもう一つの呼び方です。

 

みどり先生写真3..jpg

 

 楽器自体は全く同じものを用いることが多いのですが、主にフォークミュージックや民族音楽で用いられる際に「フィドル」と呼ばれます。  

クラシックのヴァイオリンのように堅苦しくなく、楽器の原理にさえかなっていればフォームを問わずとも音も出るし、個性的に弾くこともできます。

 

レッスンでは、

初心者の方には、楽器の音のなる仕組みや楽器のお手入れのノウハウから始まりまずは音階等をスムーズに弾けるように。

そして、徐々に曲に取り組んでゆきます。

中級者以上の方は、主にケルト圏やスカンジナビアの伝承音楽を取り上げながら「フィドルらしい」奏法なども学んでゆきます。

レッスン用のフィドルをご用意しております。

 

同じ日に、みどりの『はじめてセッションワークショップ』開催しています。

 

<当面のレッスン日>基本第2日曜日ですが、講師の演奏活動の都合により変更する場合があります。

2017年 8月13日(日) 

2017年 9月24日(日)

 

<料金> 

45分個人レッスン ¥3.500-

     

有料体験レッスン(45分説明含¥3,000-)も承っております。

体験レッスン受講者は入会決定時、入会金の割引きがあります。

 お申し込み・お問い合わせは、こちらから

 

 

 

 

Today's Schedule