講師のご紹介

粉川 登志子(こかわ としこ)

担当:ピアノ、大正琴

プロフィール小写真PW3701a6p016_Dxkt_0085_8.jpg


プロフィール
長年にわたり大阪や奈良でヤマハ音楽教室講師を務める。
1998年、あおぞら音楽サロンを設立。
この間、大阪市内のホテルなどで主にブライダル演奏を中心に演奏活動を展開。
日本ピアノ審査会講師、琴城流大正琴准教授。

コメント
音楽の好きな人集まれ!!をモットーに、楽しみながら音楽の基礎も身につけていただきたいと欲張りな目標を持って、日々レッスンに演奏活動に励んでいます。
音楽に興味のある方、ちょっと習ってみようかなと思われてる方は、初めてでも丁寧にレッスンさせていただきます。 

   

 

水沢 康恵(みずさわ やすえ)

担当:ヴォーカル

水沢 康恵

プロフィール

大阪音楽大学音楽学部卒。ヤマハ音楽教室システム講師、こども音楽英語インストラクターを経て現在は奈良市内のスクールでダンス&ボーカルクラスのインストラクターを自宅教室でピアノとボーカルの個人レッスンを行う。個人ではライブハウス等でジャズライブを、また生徒と一緒に様々な場所でのライブ活動も行っている。

 

コメント

歌うことって楽しい!私は毎日そう感じています。
それは、自分の声を思い通りに出せるからなのかもしれません。ジャズ・クラッシック・演歌・歌謡曲・アニメソング・・・ジャンルは関係ありません。
自分の声が自由自在にコントロールできたら、きっと表現したいものが見えてくるはずです。一緒に楽しみましょう!!

  

特別講師 hatao (畑山 智明)

担当:アイリッシュフルート ティンホイッスル

B3B1BC86-2096-4714-B6E6-D254F61904F7.jpeg

 

プロフィール

アイルランドやスコットランドなどケルト音楽、スウェーデンやノルウェーなど北欧音楽の伝統的な笛の数少ない専門家。

伝統音楽を通じてより多くの方と音楽の喜びを分かち合うことを目指し、演奏、教育、普及を柱に活動をしている。 

 19781121日北海道旭川市生まれ、兵庫県宝塚市在住。大学在学中にティン・ホイッスル、アイリッシュ・フルートを独学で習得、ケルト及び北欧文化圏へ長期旅行を定期的に行い、現地の演奏家から指導を受ける。 

 バンドやゲスト参加として多数のCD製作と演奏に関わっている。2008年 国内初のティン・ホイッスルのための教本『地球の音色』を執筆、これまでに7,000部を販売。2010年~フランス、スウェーデン、中国、台湾、韓国など毎年海外でのコンサートを開催。

2011年 自作曲を中心に多数のゲストを迎え収録した初のソロ・アルバム「縁- enishi- 」を発表。2013年 ティン・ホイッスル愛好家を増やす目的で、10,000冊のCD付きの教則冊子を無料で配布を開始(2016年に配布終了)

 現在はピアノ、ハープ、オルガン奏者の上原奈未とともに”hatao & nami”として日本各地で演奏活動をしている。レッスンを宝塚、名古屋、奈良で定期的に開催している。

 オンライン・ショップ「ケルトの笛屋さん」で輸入楽器を販売、普及に努める。また、世界のケルト地域の音楽のリサーチと演奏をライフワークとし、研究の成果を書籍やブログを通じて発表している。 

 自分とその音楽に出会った誰かの人生に少しでも良い影響を与えることができれば、身近なところから世界を良りよい場所にしていくことができると考え、「出会いと成長」をモットーにしている。

 

 

 

特別講師 上原 奈未(うえはら なみ)

担当:アイリッシュハープ

上原奈未

 

プロフィール

神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒。在学中より古楽やケルト・北欧の伝承音楽に傾倒、1998年にケルトや北欧の伝承音楽をレパートリーとする「シャナヒー」を結成、関西を中心に広く演奏活動を行ってきた。

2011年からは笛&ハープのデュオ「hatao&nami」としてもコンサートを展開中。

シャナヒーから3枚のCDを発売、hatao&namiから2枚のCDを発売し、その他CMやゲーム、舞台、アーティストのCD制作等さまざまな作品を手掛ける。

海外アーティストとの共演多数。 

blog http://diary.namiuehara.com


コメント

難しいと思われがちなハープですが、ケルトスタイルのハープは年齢に関係なく始められる気軽な楽器です。

美しい音色に癒されながら、音楽のある豊かな暮らしを楽しみましょう♪

 

 

 特別講師 みどり

担当 :フィドル(アイリッシュ・ケルティック)

14101971_1107985705961113_993478511_n.jpg

 

プロフィール

音楽をこよなく愛するフィドル、ハーディングフェーレ弾き。

アイルランドやスコットランドのブリテン諸島、ノルウェー等の北欧に伝わる伝統曲(ex.リバーダンスの音楽はアイルランドの舞曲です。)や、

日本でも有名な唱歌などをレパートリーとし、その楽しさが伝わる演奏には定評がある。

現在は「シャナヒー(http://shanachie.jp/)」での演奏活動を中心に、様々なミュージシャンとのライヴやレコーディングなどにも参加している。

コメント
準備中

 

 

特別講師 Aki(アキ)

担当:ドラム・パーカッション

91DEDA32-4101-4D9A-A501-5AAC96C4DE4E.jpeg

 

 プロフィール

京都を拠点に各地で演奏活動を行っている。大阪音楽大学音楽学部器楽学科打楽器専攻卒業。 打楽器の音色を生かし、抽象的な音から紡ぎ出される音楽表現や、打楽器でのアンサンブルやオーケストラ、吹奏楽などの演奏法を学んだ。小谷康夫氏に師事。アイルランドの打楽器バウロンを、トシバウロン氏に師事。 卒業後ケルト圏、北欧諸国の伝承音楽に傾倒、アイルランドの打楽器バウロンや、カホンなど民族打楽器を学ぶ。 他国の文化でありながら、心の琴線に触れる音楽を追い、敬愛の念を持って演奏を続けている。 母校京都府立洛西高等学校吹奏楽部で学んだ、マーチングパーカッションの影響を受け、独自の色彩感、グルーヴにおいては定評がある。 USEN放送「別れのワルツ」(デパート、遊園地などの閉店のときに流れる曲)」マリンバ・ヴィブラフォン演奏。 カロリーナ・カンテリネン(フィンランド)、ヨーラン・モンソン、ペッテル・ヴァーンダーレン(スウェーデン)、SUDAN DUDAN(ノルウェー)など、トップミュージシャンとの共演を重ねている。 音楽指導にも熱意を注いでおり、各地の吹奏楽打楽器指導において定評がある。 パーカッション・マリンバの個人レッスン教室「tie」(フィンランド語で「みち」京都市)を主宰。京都市出身・在住。

ホームページ 『音をつなぐ、たいこのおんがく』

コメント

音楽の鼓動を司るドラム・パーカッションの、色彩豊かな世界を、ぜひ一緒に楽しみましょう。

 

 あおぞら音楽サロン
634-0007 奈良県橿原市葛本町303-19 TEL:0744-26-0320
近鉄新ノ口駅・奈良交通バス停安楽寺前

Today's Schedule