あおぞらからのお知らせ

あおぞら音楽サロンでは、いろんなジャンルの音楽を聴く事も音楽性を高めるレッスンの一貫として毎年発表会に素敵なゲストをお呼びしています。

今年は、「長くつ下のピッピ」のお話をうたとハープで聴かせて下さるみわさんとなみさんです。

お楽しみに♫

お二人をご紹介致します。

HORIO_MIWA_san2_372.jpg

  ほりお みわ Miwa Horio/うた

あらゆるジャンルの垣根を越え、様々なうたう場で経験を重ねる。言葉が届く歌い方を大切にしながらも北欧の伝承歌唱法キューリングや、ホーミーなど言葉のない声の使い方にも挑戦、それを生かしたライブ出演やレコーディングも多数参加。 自身のアルバムとしては2012年にジャズスタンダードを自作の意訳歌詞で録音した“PONYTAIL”を発表。 ジャズ以外で北欧トラッドなどの意訳にも定評がある。

 

namiphoto.jpg

 上原 奈未 Nami/ハープ、足踏みオルガン、ピアノ

幼少よりピアノに親しみクラシック音楽を学ぶが、古楽やワールド音楽からケルトや北欧音楽に傾倒、1998年に「シャナヒー」を結成、関西を中心に長く演奏活動を行ってきた。
ハープ、ピアノ、リードオルガンで伝承音楽に親しみ、ハープを通して伝統音楽に親しむワークショップも開催中。
演奏の傍ら作編曲や音源製作も手掛け、CMやゲーム音楽、アーティストの音源や楽曲制作の他、シャナヒーから3枚
hatao&nami
から3枚のアルバムを制作、発売。

今年も恒例の発表会を下記日程で開催致します。

今年は、ピアノ科・ドラム科・ヴォーカル科・大正琴科・ハープレッスン・リコーダーサークルの発表と、

多種多彩盛りだくさんで楽しい発表会になるよう、生徒さん達も一生懸命練習しております。

 

日時:2017年6月25日(日)12:30開演

場所:大和高田市さざんかホール 3F小ホール

入場:無料

 

4月2日(日)より、フィドルレッスンを開講致します。

 フィドルとは、ヴァイオリンのもう一つの呼び方です。

楽器自体は全く同じものを用いることが多いのですが、主にフォークミュージックや民族音楽で用いられる際に「フィドル」と呼ばれます。   クラシックのヴァイオリンのように堅苦しくなく、楽器の原理にさえかなっていればフォームを問わずとも音も出るし、個性的に弾くこともできます。 レッスンでは、初心者の方には、楽器の音のなる仕組みや楽器のお手入れのノウハウから始まりまずは音階等をスムーズに弾けるように。

そして、徐々に曲に取り組んでゆきます。 中級者以上の方は、主にケルト圏やスカンジナビアの伝承音楽を取り上げながら「フィドルらしい」奏法なども学んでゆきます。

<講師> みどり

音楽をこよなく愛するフィドル、ハーディングフェーレ弾き。
アイルランドやスコットランドのブリテン諸島、ノルウェーなどの北欧に伝わる伝統曲(ex.リバーダンスの音楽はアイルランドの舞曲です。)や、日本でも有名な唱歌などをレパートリーとし、その楽しさが伝わる演奏には定評がある。
現在は「シャナヒー(http://shanachie.jp/)」での演奏活動を中心に、様々なミュージシャンとのライヴやレコーディングなどにも参加している。


 <当面のレッスン日>

 4月2日(日)

 5月14日(日)

 6月11日(日)

<料金> 45分個人レッスン ¥3.500-

   (入会時に入会金¥3.000-要)

   有料体験レッスンも承っております。

お申し込み・お問い合わせは、こちらから

お電話 0744-26-0320 (レッスン中で出れない場合もあります。

留守電に入れて頂ければ、こちらから折り返しお電話させていただきます。)

あおぞら音楽サロンでは、生徒さんのためのコンサートを開催しています。

今回のアーティストは、ピアニスト吉野那月(あおぞら音楽サロン上級科担当講師)さんです。

発表会や、レッスン等でよく知られた曲を30〜40分演奏してくださいます。

身近に本物の音楽に触れる事の大切さを経験していただく良い機会です。

是非、参加してくださいね♪

日 時 : 2017年2月19日(日) 14:45開場

                15:00開演

場 所 : あおぞら音楽サロン1F

参加費 : 500円

対 象 : あおぞら音楽サロンの在籍生徒さんとご父兄

申 込 : 直接講師に申し込んでください。 

 

 吉野 那月

 吉野那月プロフィール

大阪芸術大学卒業。同大学院博士課程(前期)修了。

プラハサマーアカデミーに参加し、ディプロマを取得。

ソロリサイタルや声楽・器楽の伴奏、室内楽など積極的に演奏活動を行っている。

小林かずみ、南祐子の各氏に師事。現在、大阪芸術大学・短期大学部にて通信教育部非常勤講師。

京都フランス歌曲協会会員。

フィドルって? ヴァイオリンのもう一つの呼び方なんです。

楽器自体は全く同じものを用いることが多いのですが、主にフォークミュージックや民族音楽で用いられる際に「フィドル」と呼ばれます。

クラシックのヴァイオリンのように堅苦しくなく、まずは楽しく楽器に触れてみませんか?

あおぞら音楽サロンでは、アイリッシュやフォークミュージック・伝承音楽に親しんでいただきたく、現在活躍されているアーティストのワークショップを開催致します。

「ヴァイオリンに興味があるけど、なんだかむずかしそう!」

「触って、どんな音がするのかな?」

と、思ってられる方。是非一度体験してみてください。

少人数で優しく丁寧に教えて下さいます。

*個人レッスンも承ります。

 

日 時  2/11(土)祝日10:30〜

場 所  あおぞら音楽サロン1F

形 態  グループ(2名〜)1時間+説明・質問タイム

参加費  ¥2.500-(要予約)

講 師  みどり (写真)

<みどり先生のプロフィール>

音楽をこよなく愛するフィドル、ハーディングフェーレ弾き。アイルランドやスコットランドのブリテン諸島、ノルウェーなどの北欧に伝わる伝統曲(ex.リバーダンスの音楽はアイルランドの舞曲です。)や、日本でも有名な唱歌などをレパートリーとし、その楽しさが伝わる演奏には定評がある。
現在は「シャナヒー(http://shanachie.jp/)」での演奏活動を中心に、様々なミュージシャンとのライヴやレコーディングなどにも参加している。


お問い合わせ・お申込み→こちらから



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
Today's Schedule